地域活性化のため

製造10

ご当地ブームが盛り上がりを見せる中、各地が取り組んでいるのがゆるキャラと言われる地域のマスコットキャラです。 マスコットキャラが大ブレイクを果たして、地域活性化に繋がっているケースも多々あります。 ご当地というキーワードを元に、他に行われている地域活性化策の一つが商品の製造です。 中でも注目を集めているのが、化粧品分野の製造です。 何故化粧品かというと、地域の特性を十分に活かす事が可能であり、資源が乏しかったり地域が小さくても実現しやすいからです。 水が澄んでいる地域なら、その水を原料とした化粧水等が作れます。 お酒のブランドが確立されている地域なら、製造過程で出てくる酒粕を有効利用することも可能です。 このように、化粧品の製造販売であれば、何か1点の強みを生かして、ご当地商品として作り上げる事が出来ます。

県産素材や地域ならではの資源を使って、ご当地ならではの化粧品を作るためには、製造に取り掛かるまでが大変です。 これを打ち出したいという資源が決まっていれば、それを化粧品の原材料として使用出来るかの確認も必要です。 それを使用して製造する際には、薬事法に則った配慮も必要です。 つまり、ご当地化粧品を作る迄には、専門的な知識も技術も必要となるのです。 しかし、資金が潤沢でない場合には頭の痛い問題となりやすく、計画がストップしてしまう事もあります。 その問題の解決策として選ばれているのが、化粧品を代行で製造してくれるOEMの存在です。 企業にもよりますが、OEMの中には、サンプル商品の製作までは無料で行ってくれる所もあります。 また、サンプルの完成まで3週間程度の所が多く、1ヶ月も掛からないことがほとんどです。化粧品の製造を検討しているのなら、まずは踏み出して、製造の手助けを利用するのが近道なのです。