アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

中古住宅をできるだけ安く手に入れたいと考えている人たちの間で人気のある物件に、競売物件というものがあります。
これは、住宅ローンの返済が困難になったマンションや一戸建て等を裁判所が債権者の申し立てに基づいて入札にかけ、落札者に売却する物件のことをいいます。
個々の状況にもよりますが、おおむね市価の6~7割程度の価格で購入が可能だと言われています。
従来は現金一括購入が原則だったので一般の人には利用しづらかったのですが、制度改正によりローンの利用も可能になったため、関心も高まるようになってきました。
落札まで物件の内部が見られない、前住人の立ち退きをめぐって揉めることがあるなどの課題がありますが、近年は専門のサポート業者などもあらわれてきているため、上手に利用することである程度のリスクは避けることができます。

ただ、そうは言っても中には競売という強制的な処分によって出回る物件を入手することに不安を覚える人もいます。
何より競争入札によって売りに出されるため、確実に落札できる保証がないというのは大きなリスクです。
そこで、多少価格は高いが安全・確実性もまた高いとして最近になって注目を集めてきているのが、任意売却物件です。
これは、ローンの返済困難者によって売りに出された物件であるという点は同じですが、異なるのはオーナーと債権者の合意に基づいて一般の物件と同様のルートで売られているという点です。
一般の物件と同様ですから、購入前の物件の内覧や購入に係る諸手続きなども同様で、普通の中古住宅を入手するのと変わらない感覚で購入できます。

任意売却物件のメリットは、やはり価格の安さです。
競売物件に比べると任意である分割高になりますが、オーナー側にしてみればいつまでも売れずにいるとローンの残債に充てることができないため、早く買い手を見つけるために売却価格は市価よりも安めに設定されています。
また、売却について納得のうえ売りに出しているわけですから、立ち退きをめぐるトラブルも気にする必要はありません。
ただ、リスクもないわけではありません。
それは引き渡しの時期です。
立ち退きトラブルがないとは言っても、オーナーの経済状況からスムーズに住み替えができないケースもあります。
そのため引き渡しのタイミングが一般の物件よりも遅れがちになります。
ただし最近は任意売却物件を専門に扱っている不動産業者も少なくなく、そうした業者であれば間に入って問題解決の手助けをしてくれるので安心です。

オススメリンク

任意売却を相談出来る会社ならこちらから選ぼう!:任意売却緊急センター【関東版】



通常の売却とは異なる条件

競売を避けて任意売却を行う上では、注意点もあります。
通常の売却とは異なり様々な条件がつくことになります。
まずは期限が定められていること、それを過ぎると差し押さえとなります。
そして目的はあくまでもローンの残債を支払うことなので、売却額は最低限の確実に買い手を探せるもRead more



差し押さえになる前に

所有する不動産のローン返済が滞るようになると、その差し押さえと共に競売のリスクが高まることになります。
融資を受けている金融機関から一括返済を求められるからです。
そもそもが毎月の返済が不可能である状態ですから、一括で返済するなど不可能というわけです。
そこで売却するこRead more

関連リンク